朗読『桜の森の満開の下』④ 坂口安吾の傑作短編小説

坂口安吾
坂口安吾
朗読『桜の森の満開の下』④ 坂口安吾の傑作短編小説
/

目の前に昔の山々の姿が現れました。呼べば答えるようでした。旧道をとることにしました。。

『桜の森の満開の下』(さくらのもりのまんかいのした)
坂口安吾のの代表作の一つ。傑作と称されることが多く、海外での翻訳版も高い評価を受けている作品である。翻訳版はJay Rubin訳(英題:In the Forest, Under Cherries in Full Bloom)

(あらすじ)ある峠の山賊と、妖しく美しい残酷な女との幻想的な怪奇物語。桜の森の満開の下は怖ろしいと物語られる説話形式の文体で、花びらとなって掻き消えた女と、冷たい虚空がはりつめているばかりの花吹雪の中の男の孤独が描かれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です