朗読『D坂の殺人事件』(上:事実編)江戸川乱歩ミステリー 明智小五郎シリーズ

D坂の殺人事件
D坂の殺人事件
朗読『D坂の殺人事件』(上:事実編)江戸川乱歩ミステリー 明智小五郎シリーズ
/

(ディーざかのさつじんじけん)は、1925年(大正14年)発表の江戸川乱歩の短編探偵小説
名探偵明智小五郎の初登場作である。なお、D坂とは東京都文京区本郷の団子坂のことである。

『D坂の殺人事件』
あらすじ
話手である「私」は喫茶店で冷しコーヒーをすすっていた。
この店の向かいには古本屋があり、そこの妻が官能的な美人であるため、それを眺めることが目的の一つになっていた…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です