朗読『カインの末裔』① 有島武郎の名作小説

カインの末裔
カインの末裔
朗読『カインの末裔』① 有島武郎の名作小説
/

小説『カインの末裔(かいんのまつえい)』は、『新小説』1917年(大正6年)7月に日本の作家の有島武郎により発表された文学作品である。日本の北海道を舞台、農夫の仁右衛門を主人公として、無知ゆえに罪を隠す主人公の生き様を描く。
三回に分けてUPしていきますのでよろしくお願いもうしあげます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です