朗読『カインの末裔』③ 有島武郎の名作小説

カインの末裔
カインの末裔
朗読『カインの末裔』③ 有島武郎の名作小説
/

第6章〜(先に①②から聴かれることをおすすめします)
狂暴な仁右衛門は赤坊を亡くしてから手がつけられないほど狂暴になった。その狂暴を募らせるように烈しい盛夏が来た。

「カインの末裔」とは
人類をその罪深さ・重い宿命とともに指し示す表現である。カインとは旧約聖書の創世記第四章に登場する人類の祖先である。アダムとイブは楽園を追われた後に2人の子カインとアベルをもうけたが、農夫のカインが羊飼いの弟アベルとともに神への捧げものをした時、弟の供え物のみが受け取られたことに腹を立てたことをきっかけに、弟を殺してしまう。弟を殺したカインの心の中にあったものは、妬み・憎悪であり、聖書は、人類の半分は皆このカインの末裔なのであり、生まれながらに罪深い心を持っているということを諭しており、信仰の大切さを説いているのである。(wikipediaより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です