朗読『青鬼の褌を洗う女』(前半)坂口安吾の短編小説をスルメホタルが音読

坂口安吾
坂口安吾
朗読『青鬼の褌を洗う女』(前半)坂口安吾の短編小説をスルメホタルが音読
/

『青鬼の褌を洗う女』(あおおにのふんどしをあらうおんな)は、坂口安吾の小説。
小さい頃から母に、妾(めかけ)か金持の長男に嫁げと言われて育てられた・サチ子。しかしそれに刃向かい、様々な男と付き合い我が道を行くが…

(あらすじ)
オメカケだった「母」は、遊ぶことが好きで貧乏がきらいな娘の「私」には、窮屈な女房づとめなどできないだろうと、自分と同じ道を選ぶことを強く勧めた。「私」自身、オメカケが嫌だと思ってはいなかったが、そうした母の束縛は鬱陶しく思っていた。やがて戦争が始まり、オメカケなど国賊であるという時世となったが、「私」は徴用された会社の、妻子ある専務に引き取られるが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です