朗読『わたしは海を抱きしめていたい』坂口安吾の短編

坂口安吾
坂口安吾
朗読『わたしは海を抱きしめていたい』坂口安吾の短編
/

坂口安吾の・著『わたしは海を抱きしめていたい』(わたしはうみをだきしめていたい)スルメホタルによる朗読。
(あらすじ)私はいつも神様の国へ行こうとしながら地獄の門を潜ってしまう人間だ。という冒頭から引き込まれる書き出しで、女の肉体のみを愛する肉欲主義の男と、浮気を繰り返すが肉体的には不感症の女。肉欲に溺れているつもりの男が辿り着いたのは…?

YouTube ではほぼ毎日新作をアップしております。
合わせてチャンネル登録是非よろしくお願い申し上げます。

坂口安吾 (さかぐちあんご)

本名は坂口炳五(へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。
幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄
世評的には不遇の時代が続いたが、戦後の本質を鋭く把握洞察した「堕落論」「白痴」の発表により、一躍人気作家として時代の寵児となる
戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりヒロポン中毒に珍行動と、実生活は波乱含みで世間の注目を浴び続けた。小説の代表作は「紫大納言」「真珠」「白痴」「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」など。エッセイの代表作は「FARCEに就て」「文学のふるさと」「日本文化私観」「堕落論」「教祖の文学」等
享年48歳。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です