朗読『骨(こつ・ほね)』有島武郎の短編小説

有島武郎
有島武郎
朗読『骨(こつ・ほね)』有島武郎の短編小説
/

『骨』(こつ・ほね)は、有島武郎の短編小説。スルメホタルによる朗読。
1923年(大正12年)4月、個人雑誌『泉』に発表。
実在の人物をモデルとしており、作中における「大乱痴氣」の新聞記事も現存している

スルメホタルのyoutubeチャンネルではほぼ毎日新作朗読をアップ中
合わせてチャンネル登録(サブスク)是非よろしくお願い申し上げます。

登場人物とそのモデル
私(凸勃)とつぼつ – 有島武郎
勃凸 ぼっとつ- 十文字仁
おんつぁん – 田所篤三郎(田所は有島武郎『酒狂』におけるBのモデルでもある)

有島 武郎(ありしまたけお)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です