タグ: 音読

朗読『或る女(あるおんな)③前編』第11章〜第13章 有島武郎の純文学小説

或る女
或る女
朗読『或る女(あるおんな)③前編』第11章〜第13章 有島武郎の純文学小説
/

有島武郎・著『或る女』の朗読第11章〜
①および②の第1章から第10章までを先に聴かれることをお勧めします。

スルメホタルが朗読したのは有島武郎の『或る女』(あるおんな)という長編小説。
前後編もので長い物語なので①〜⑩に分けて順番に配信してゆきます。

(あらすじ)
容姿端麗、美貌で才気溢れる葉子は、従軍記者として名をはせた詩人・木部と恋愛結婚するも、2カ月で離婚。その後、婚約者・木村の待つアメリカへと渡る船中で、事務長・倉地のたくましい魅力の虜となり、そのまま帰国してしまう。個性を抑圧する社会道徳に反抗し、誰にも縛られることなく奔放に生き通そうとして、むなしく敗れた一人の女性の激情と運命を描きつくした傑作

『或る女のグリンプス』の題で『白樺』の創刊とともに連載を始めた。後編は書き下ろしである。
リアリズム文学の最高傑作のひとつ。日本近代に珍しい本格的純文学と評される

するめホタルのYouTubeチャンネル版ではすでに全編公開中ですのでそちらもどうぞ♪
チャンネル登録(サブスク)もぜひお願い申し上げます。

有島 武郎(ありしまたけお)

東京小石川水道町に生まれる。東北帝大農科大学で教鞭を執るかたわら、1910年「白樺」に同人として参加。『かんかん虫』『在る女のグリンプス』などを発表する。1916年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入る。『或る女』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』などが代表作。1923年6月9日、人妻の波多野秋子と軽井沢の別荘浄月庵にて情死(心中)

朗読『或る女(あるおんな)②前編』第6章〜第10章 有島武郎の純文学小説

或る女
或る女
朗読『或る女(あるおんな)②前編』第6章〜第10章 有島武郎の純文学小説
/

有島武郎・著『或る女』の朗読第6章〜
①の第1章から第5章までを先に聴かれることをお勧めします。

スルメホタルが朗読したのは有島武郎の『或る女』(あるおんな)という長編小説。
前後編もので長い物語なので①〜⑩に分けて順番に配信してゆきます。

(あらすじ)
容姿端麗、美貌で才気溢れる葉子は、従軍記者として名をはせた詩人・木部と恋愛結婚するも、2カ月で離婚。その後、婚約者・木村の待つアメリカへと渡る船中で、事務長・倉地のたくましい魅力の虜となり、そのまま帰国してしまう。個性を抑圧する社会道徳に反抗し、誰にも縛られることなく奔放に生き通そうとして、むなしく敗れた一人の女性の激情と運命を描きつくした傑作

『或る女のグリンプス』の題で『白樺』の創刊とともに連載を始めた。後編は書き下ろしである。
リアリズム文学の最高傑作のひとつ。日本近代に珍しい本格的純文学と評される

するめホタルのYouTubeチャンネル版ではすでに全編公開中ですのでそちらもどうぞ♪
チャンネル登録(サブスク)もぜひお願い申し上げます。

有島 武郎(ありしまたけお)

東京小石川水道町に生まれる。東北帝大農科大学で教鞭を執るかたわら、1910年「白樺」に同人として参加。『かんかん虫』『在る女のグリンプス』などを発表する。1916年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入る。『或る女』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』などが代表作。1923年6月9日、人妻の波多野秋子と軽井沢の別荘浄月庵にて情死(心中)

朗読『或る女(あるおんな)①前編』第1章〜第5章 有島武郎の純文学小説

或る女
或る女
朗読『或る女(あるおんな)①前編』第1章〜第5章 有島武郎の純文学小説
/

スルメホタルが朗読したのは有島武郎の『或る女』(あるおんな)という長編小説。
前後編もので長い物語なので①〜⑩に分けて順番に配信してゆきます。

(あらすじ)
容姿端麗、美貌で才気溢れる葉子は、従軍記者として名をはせた詩人・木部と恋愛結婚するも、2カ月で離婚。その後、婚約者・木村の待つアメリカへと渡る船中で、事務長・倉地のたくましい魅力の虜となり、そのまま帰国してしまう。個性を抑圧する社会道徳に反抗し、誰にも縛られることなく奔放に生き通そうとして、むなしく敗れた一人の女性の激情と運命を描きつくした傑作

『或る女のグリンプス』の題で『白樺』の創刊とともに連載を始めた。後編は書き下ろしである。
リアリズム文学の最高傑作のひとつ。日本近代に珍しい本格的純文学と評される

するめホタルのYouTubeチャンネル版ではすでに全編公開中ですのでそちらもどうぞ♪
チャンネル登録(サブスク)もぜひお願い申し上げます。

有島 武郎(ありしまたけお)

東京小石川水道町に生まれる。東北帝大農科大学で教鞭を執るかたわら、1910年「白樺」に同人として参加。『かんかん虫』『在る女のグリンプス』などを発表する。1916年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入る。『或る女』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』などが代表作。1923年6月9日、人妻の波多野秋子と軽井沢の別荘浄月庵にて情死(心中)

朗読『生れ出づる悩み』(後半)有島武郎の名作小説

有島武郎
有島武郎
朗読『生れ出づる悩み』(後半)有島武郎の名作小説
/

こちらは『生まれ出づる悩み』のするめホタルによる朗読の『後半』部分になります。前半からお聞きくださいますようお願い申し上げます。
(あらすじ)
自分の仕事を神聖なものにしようともがいていた「私」は、さびしさのあまり「君」のことを思う。かつて絵を持ち込んで妙に力強い印象を私に残し姿を消してしまった「君」であったが、十年の後手紙とスケッチ帳を送ってくる。
見事に成長した「君」は「私」との再会の一晩に姿を消してからの生活と芸術の悩みを語る。
翌朝すぐ帰っていく「君」を見送り、「君」の話した内容を元に「私」は同感の力をもって「君」の生活と苦悩を書き出して行く…

するめホタルのYoutubeチャンネルではほぼ毎日新作朗読をアップしております。
合わせてチャンネル登録(サブスク)お願い申し上げます。

有島 武郎(ありしまたけお)

東京小石川水道町に生まれる。東北帝大農科大学で教鞭を執るかたわら、1910年「白樺」に同人として参加。『かんかん虫』『在る女のグリンプス』などを発表する。1916年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入る。『或る女』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』などが代表作。1923年6月9日、人妻の波多野秋子と軽井沢の別荘浄月庵にて情死(心中)

朗読『生れ出づる悩み』(前半)有島武郎の名作小説

有島武郎
有島武郎
朗読『生れ出づる悩み』(前半)有島武郎の名作小説
/

『生れ出づる悩み』(うまれいづるなやみ)有島武郎による小説をするめホタルの朗読。
「生れ出る悩み」「生れ出づる悩み」「生まれ出づる悩み」「生まれ出ずる悩み」「生まれいずる悩み」など、一定していない。
(あらすじ)
自分の仕事を神聖なものにしようともがいていた「私」は、さびしさのあまり「君」のことを思う。かつて絵を持ち込んで妙に力強い印象を私に残し姿を消してしまった「君」であったが、十年の後手紙とスケッチ帳を送ってくる。
見事に成長した「君」は「私」との再会の一晩に姿を消してからの生活と芸術の悩みを語る。
翌朝すぐ帰っていく「君」を見送り、「君」の話した内容を元に「私」は同感の力をもって「君」の生活と苦悩を書き出して行く…

有島 武郎(ありしまたけお)

東京小石川水道町に生まれる。東北帝大農科大学で教鞭を執るかたわら、1910年「白樺」に同人として参加。『かんかん虫』『在る女のグリンプス』などを発表する。1916年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入る。『或る女』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』などが代表作。1923年6月9日、人妻の波多野秋子と軽井沢の別荘浄月庵にて情死(心中)

朗読『かんかん虫』有島武郎(ありしまたけお)の短編小説

有島武郎
有島武郎
朗読『かんかん虫』有島武郎(ありしまたけお)の短編小説
/

『かんかん虫』とは明治末〜大正時代に活躍した白樺派の作家、有島武郎の短編小説をスルメホタルが朗読。
「かんかん虫」とは船舶の錆落とし作業をする下級労働者を意味する。
(あらすじ)新米かんかん虫である「私」を語り手に、港湾労働者とその支配者「人間」との対立が描かれる。かんかん虫のイフヒムは、親分イリイッチの娘カチャと将来を誓い合っているが、せめて娘だけでも人並みの生活をさせてやりたいと願うイリイッチは、船会社の会計係ペトニコフのカチャを妾にしたいという申し出を受けてしまう。復讐を誓うイフヒムは…

するめホタルの朗読youtube版ではほぼ毎日新作をアップしておりますので
合わせてチャンネル登録(サブスク)是非よろしくお願い申し上げます。

有島 武郎(ありしまたけお)

東京小石川水道町に生まれる。東北帝大農科大学で教鞭を執るかたわら、1910年「白樺」に同人として参加。『かんかん虫』『在る女のグリンプス』などを発表する。1916年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入る。『或る女』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』などが代表作。1923年6月9日、人妻の波多野秋子と軽井沢の別荘浄月庵にて情死(心中)

朗読『骨(こつ・ほね)』有島武郎の短編小説

有島武郎
有島武郎
朗読『骨(こつ・ほね)』有島武郎の短編小説
/

『骨』(こつ・ほね)は、有島武郎の短編小説。スルメホタルによる朗読。
1923年(大正12年)4月、個人雑誌『泉』に発表。
実在の人物をモデルとしており、作中における「大乱痴氣」の新聞記事も現存している

スルメホタルのyoutubeチャンネルではほぼ毎日新作朗読をアップ中
合わせてチャンネル登録(サブスク)是非よろしくお願い申し上げます。

登場人物とそのモデル
私(凸勃)とつぼつ – 有島武郎
勃凸 ぼっとつ- 十文字仁
おんつぁん – 田所篤三郎(田所は有島武郎『酒狂』におけるBのモデルでもある)

有島 武郎(ありしまたけお)

朗読『火事とポチ』有島武郎の短編小説

有島武郎
有島武郎
朗読『火事とポチ』有島武郎の短編小説
/

『火事とポチ』(かじとぽち)をスルメホタルが朗読
(あらすじ)少年と火事を知らせてくれた飼い犬との切ない別れ…

チャンネル登録是非よろしくお願い申し上げます。

有島 武郎(ありしまたけお)

東京小石川水道町に生まれる。東北帝大農科大学で教鞭を執るかたわら、1910年「白樺」に同人として参加。『かんかん虫』『在る女のグリンプス』などを発表する。1916年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入る。『或る女』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』などが代表作。1923年6月9日、人妻の波多野秋子と軽井沢の別荘浄月庵にて情死(心中)

朗読『小さき者へ』 有島武郎の短編小説

有島武郎
有島武郎
朗読『小さき者へ』 有島武郎の短編小説
/

「小さき者へ」(ちいさきものへ)は、有島武郎を代表する短編、スルメホタルによる朗読。
(あらすじ)1917年(大正6年)妻・安子を結核で亡くした有島が、母(原文中ではママ)を失った3人の幼い子供を勇気づけるために、そして子供の将来を期待して書いたといわれる。自らの子供たちに向けて書き残した手記ともされる。

Youtubeチャンネルではほぼ毎日、青空文庫の朗読の新作をアップしております。
合わせて登録(サブスク)是非よろしくお願い申し上げます。

有島 武郎(ありしまたけお)

東京小石川水道町に生まれる。東北帝大農科大学で教鞭を執るかたわら、1910年「白樺」に同人として参加。『かんかん虫』『在る女のグリンプス』などを発表する。1916年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入る。『或る女』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』などが代表作。1923年6月9日、人妻の波多野秋子と軽井沢の別荘浄月庵にて情死(心中)

朗読『an incident』有島武郎(ありしまたけお)の短編小説

有島武郎
有島武郎
朗読『an incident』有島武郎(ありしまたけお)の短編小説
/

「an incident」(アンインシデント)有島武郎の短編をスルメホタルが朗読。

(あらすじ)妻と幼児、寝かしつけの苦労と自身の癇癪の様子をとある夜の出来事としての記憶…

YouTube ではほぼ毎日新作朗読をアップしております。
合わせてチャンネル登録是非よろしくお願い申し上げます。

有島 武郎(ありしまたけお)

東京小石川水道町に生まれる。東北帝大農科大学で教鞭を執るかたわら、1910年「白樺」に同人として参加。『かんかん虫』『在る女のグリンプス』などを発表する。1916年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入る。『或る女』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』などが代表作。1923年6月9日、人妻の波多野秋子と軽井沢の別荘浄月庵にて情死(心中)